ジェネリック医薬品とは

国内で一般的になりつつあるジェネリック医薬品ですが、海外と比べると普及率がまだまだ低くくなります。

ジェネリックという言葉は知っているけど実際はどのような薬かは知らないという人も多いのではないでしょうか。

従来の薬との違いやメリットについてわかりやすく解説します。

*

ジェネリックとは

ジェネリックを英語に訳すと「一般的な」を指し、欧米では一般的なお薬として使用されています。

日本では「後発医薬品」と呼ばれ、先発医薬品(新薬)の特許が切れた後、販売される医薬品のことをジェネリック医薬品と呼んでいます。

お薬は開発した製薬会社が特許を取得した場合、およそ20~25年位はその製薬会社のみが製造・販売できるという仕組みになっています。

この特許期間や再審査期間が終了すると、他の製薬会社が同じ有効成分を使用して薬を作ることが許可されるようになるのです。

これがジェネリック医薬品と呼ばれるものです。

ジェネリック医薬品は誰でも受けられる

ジェネリック医薬品を希望される場合、特別な手続きはなく薬局の受付で希望を伝えるだけOKです。

先発医薬品を使用中の方も希望すれば変更が可能になり、薬剤師から「ジェネリック医薬品に変更しますか?」と聞かれることもあります。

但し、医師の判断(処方)でジェネリックへの変更が不可の場合には変更はできません。

出典参考:「日本ジェネリック株式会社HP」「東京都福祉保健局HP」より

通常薬とジェネリック医薬品の違い

通常の薬(先発医薬品)とジェネリック医薬品との共通点、また違いについて解説します。

先発医薬品とジェネリック医薬品の共通点

・有効成分、有効性の分量
・品質、安全性
・投与経路

先発医薬品とジェネリック医薬品の違う部分

・添加物
・形、大きさなど剤状
・製造場所、製造方法
・味やにおいなど服用感
・包装

さらにジェネリック医薬品は、厚生労働省の厳しい試験や審査が通ることが義務付けられています。

有効成分は同等である必要がありますが、添加物などが違う場合がありますので自分に合うのか確認をしてからジェネリック医薬品を選ぶようにしましょう。

ジェネリック医薬品のメリット

薬の開発には膨大な費用と時間を必要としますが、先発医薬品の技術や有効成分を模倣して作られるジェネリック医薬品では、その開発費用や時間が大幅に削減されます。

そのため、薬の価格が安価で流通されることとなります。

さらにジェネリック医薬品は、より発達した製剤技術によって飲みやすい形状や香り等が改良されています。

有効成分は変わらず、より服薬しやすく、より低価格で入手できるというメリットがジェネリック医薬品の大きな強みです。

ジェネリック医薬品のデメリット

良い点が目立つジェネリック医薬品ですが、デメリットと呼ばれる部分も少なからずありますので確認しましょう。

ジェネリック医薬品のデメリット

・漢方薬などジェネリック医薬品が開発されていない薬もある。
・先発医薬品からジェネリックに変更後に見た目のが変わることから間違って服薬する可能性がある。他の薬との見分けに注意です。
・添加物による副作用の可能性がある。先発医薬品を長期間服用した後、ジェネリック医薬品に変更した場合にその効果の現れ方が違ったり、副作用の可能性があります。心配な方には、有効成分や形、添加物が同じように作られている「オーソライズドジェネリック医薬品」があります。